旭学園のご案内

養育の基本理念

〇子どもたちの最善の利益と権利の実現のために、一人ひとりの個性を尊重します。
〇子どもと職員の深い信頼関係の構築によって安心・安定が図られるよう努めます。
〇将来健全な社会の一員として自立できるよう最善の支援を行います。
〇生活環境の整備と支援の充実と安全を図ります。
〇ケース会議への出席 すべての職員は常に専門的知識及び援助技術の資質向上に努めます。
〇地域における社会資源の一つとして子育て支援に貢献できるように努めます。

養育目標 ~「明るく 正しく 健やかに」~

 施設は、子どもたちにとって安心できる場、安全な生活の場でなければならない。
 子どもは権利の主体であり、個々が尊重され、その権利が保障されるとともに愛情をもって養育されなければならない。
 子どもたちの長所特質を発見・伸長し、心身の健やかな成長と発達を通して自尊感情が育まれ自己実現に自信を持てる社会の一員として自立できるよう全職員で養育・支援に努めていくとともに、関係機関との連携を密にし、家庭復帰に向けた調整を行う。

旭学園での支援

保護者のいない児童、虐待を受けた児童、その他環境養護を必要とする2歳から18歳までの子どもたちが共に生活をしています。地域社会からのご支援をいただきながら、なにげない日常生活の営みを大切にし、一人ひとりの発達を保障し、子どもたちが安全で、安心した生活を過ごし、そしてそれが将来の自立につながるよう支援を行っています。

子育て支援事業に参画しています (詳しくは市町村へお問い合わせ下さい

短期入所生活援助事業(ショートステイ)

保護者の疾病、出産、冠婚葬祭、出張等の理由により、家庭における養育が一時的に困難になった場合などに児童をお世話する制度です。

夜間養護等事業(トワイライトステイ・休日預かり)

保護者が仕事などにより帰宅が夜間にわたったり、 休日の勤務で児童の養育が十分にできない場合などに児童をお世話する制度です。

このページの先頭へ